カリラ 27年 フリスキー

50年以上もモルトに関わり続けてきた、世界的権威ミルロイ氏が、自信を持って選び出した「究極のシングルモルト」です。
ジョンは、「FRISKY(フリスキー)=快活な」と名づけました。正に、「名は体を表わす」の言葉通り、モルトが本来持つ香味、熟成によって身に着けた旨味、深み、全てが「活き活きと」現れています。
■香り…刺すようなピート、リコリス、青リンゴ、潮、磯。スモークは弱め。
■味わい…フレッシュな青リンゴやレモンキャンディーのような甘酸っぱさ。グレープフルーツ、あとからヨード。
■フィニッシュ…ホットで非常に長い。暖炉の煙のような。ここでもリコリス。和梨。
長期熟成のまるみと香り。後から追いかけてくるスモーキーフレーバー
見事なできです。

IMG_0459