新しいボトル

スプリングバンク14年 バーボンウッド

IMG_0777

スプリングバンク蒸留所が創業したのは1828年、スコットランド西部の海に囲まれた
キンタイア半島先端の「キャンベルタウン」。対岸にはアイラ島があります。
「モルトの香水」と評されるほど芳醇な香りのシングルモルトです。

香りは華やかなバニラを基調に塩味のポップコーン、トフィー、
マシュマロが混ざりあい、
クリームソーダ、粉砂糖をかけたドーナツ、ヘザーへと変化して行きます。
口当たりはクリーミーで、味わいは濃厚なバニラクリーム、はちみつ、
シロップ、リコリスの甘みの中に蜜のたっぷりの完熟りんご、ドライバナナ、
カラメリゼしたレモンピールが調和し、香ばしいアーモンドのアクセント。
フィニッシュにキャンベルタウンを吹き抜ける海風と共にピートスモークが
広がり、心地よい余韻が長く続きます。
バーボン樽ならではのバニラとトフィーの甘味が調和し、
素晴らしい表情を見せてくれる逸品です。